読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡廃

廃墟と工場とFREITAGが好き

伊豆はわさびで一点張り

孤独のグルメファンである友人たっての希望で、伊豆まで足を伸ばしてきた。

 

f:id:junhi:20160820204951j:plain

わさび園 かどや

このお店が孤独のグルメの聖地らしい。

 

f:id:junhi:20160820204954j:plain

お店に入ってすぐのところにいい感じのわさびのディスプレイ。

テンション上がるなぁ。

 

f:id:junhi:20160820204952j:plain

わさび丼とおそばのセットを注文。

わさび丼単品なら550円で観光地とは思えないお得感。

注文したらすぐにわさびとおろしのセットが出てくる。

写真で見たことあるやつだ!!

わさびを見るのもするもの人生初!

 

f:id:junhi:20160820204953j:plain

すり終わった頃にごはんとおそばが到着!

鰹節がたっぷりのごはんにわさびをドーンとのせたら、

醤油をタラッとかけていただきます!

すりたてわさびが超強烈!!鼻にくるぅぅ(~O~;)

悶えながらも美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

孤独のグルメファンの連れは作品に倣ってわさび丼をおかわり…。

なにもそこまで再現しなくとも…。

 

f:id:junhi:20160820204955j:plain

わさびを堪能したらそのまま七滝観光。

川の横を歩いて行くルートで涼しくて水音が心地よい〜〜

 

f:id:junhi:20160820204956j:plain

石を3つ投げて岩に乗ったら願いが叶うって遊び。

ここぞとばかりに運動音痴を発揮して見事に掠りもしなかったorz

 

f:id:junhi:20160820204957j:plain

途中のお土産物屋さんには不似合いなサングラスが…。なぜ仕入れた?

 

f:id:junhi:20160820205003j:plain

なにやらよさげな喫茶店を見つけたので突入!

 

f:id:junhi:20160820204958j:plain

おお〜〜っ!

雰囲気あるなぁ!

 

f:id:junhi:20160820205000j:plain

f:id:junhi:20160820204959j:plain

f:id:junhi:20160820205001j:plain

これぞ古民家って感じ!

こういうお店大好き〜〜!

 

f:id:junhi:20160820205002j:plain

宇治抹茶ミルクの滝氷を注文!

で、でけぇ…!

味の方も間違いない!

 

お次は七滝を離れて道の駅 天城越えへ。

f:id:junhi:20160820205005j:plain

f:id:junhi:20160820205004j:plain

この道の駅のシステムもだいぶ年季入ってるし、

シマンテックのプログラムがエラー吐いてて怖いなぁ…。

システムに影響でてないといいけど。

ちなみに、ここの道の駅は今まで来た中で一番しょぼい(^_^;)

道の駅って言うよりだたのお土産物屋さんな感じ…。

そしてそのほとんどがわさび関連商品。わさび以外無いのかよ!

 

その後、浄蓮の滝へ到着!

f:id:junhi:20160820205007j:plain

これがあの浄蓮の滝か〜〜!

といっても特段思い入れがあるわけじゃないが。

 

f:id:junhi:20160820205006j:plain

浄蓮の滝からうしろを振り向くと広大なわさび園が広がる。

今まで頭の中にあったわさび園は段々になってるイメージだったからちょっと衝撃。

 

ここで伊豆を離れて熱海へ。

f:id:junhi:20160820205008j:plain

f:id:junhi:20160820205009j:plain

射的とスマートボール

風情があって大変よろしい!

 

f:id:junhi:20160820215617j:plain

熱海に来たなら当然温泉だよね!

大月ホテル 和風館!いいお湯でした〜〜

 

お風呂に入ったらあとは飯食って寝るだけってことで、藤沢の上州屋へ。

f:id:junhi:20160820205010j:plain

デカ盛りの店でデカ盛り以外を頼む理由はない!!

サイコロステーキダブルを注文!すごい量だ!(写真は食いかけ)

ごはんの量も調整できるけど、

すごい量がくるのは分かってたから流石にセーブした(^_^;)

 

f:id:junhi:20160820220615j:plain

連れが注文したからあげはこんな感じ…脳にくるなぁ…。

 

さて、次はどこへ行こうか。